2013年01月27日

遺族に借金がある場合の、相続放棄ともうひとつの方法

法律には、厄介だと感じさせられるものも多いですが、中でも思うのが遺族に借金があった場合、それも相続する必要があることです。もちろん、人が一人亡くなっても、世の中は回っているわけで、責任がそこで途切れては、貸している側もたまったものではありません。

亡くなった人が、しっかりしている人で、例えば家のローンが残っていても、死んでしまった時点でチャラになる保険に加入しているなど、残された人のことを考えているような人ならいいですけど、遊びに使うお金を借りて、何も考えずに死んでしまったというケースは、本当に迷惑ですよね。

pen.jpg

もし、資産を相続できるとしても、借金のほうが明らかに多いとなった場合、どうすればいいのでしょうか。ちゃんと、理不尽と思える法律には、対応策が考えられているので安心してください。具体的には相続放棄という方法です。

これなら、資産を受け取ることが出来ませんが、借金はあなたと無関係ということになります。とはいえ、現在住んでいる家が、遺族の名義人であり、相続しないと出て行く必要があるとなると、かなり大変ですよね。借金から逃れるために、相続放棄をして必要なものまで、すべて手放すというのも大変です。

そこで、もうひとつの方法としては限定承認があります。これなら、プラスの財産の範囲内で債務を引き継ぐことが出来ますので、状況に合わせて検討してみるというのも、いいのではないでしょうか。ちなみに、単純承認というのものあり、これの場合は借金も資産も、すべてを受け継ぐという形になります。

先に書いた方法は、両方とも手続きが必要なのですが、これの場合、手続きの期限である3ヶ月を過ぎると自動的に承認したものとみなされてしまいますので、注意が必要です。
引き継ぎたいものもあるけど、借金は引き継ぎたくないし、どうしようかな・・・。というノリでほおって置くと、後から大変なことになりますので、しっかりと手続きをしておきましょう。

他には相続分の放棄というのもあります。これは、相続人が単純相続した後に、遺産を取得しないことをいいます。これだと、相続人としての地位を失わないので相続分の放棄をしたとしても、借金などの相続債務を免れることが出来ないので、注意が必要です。債務を逃れるためには、相続放棄か限定承認を選んで手続きをしましょう。
posted by souzoku at 12:41| 日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

土地の相続にかかわる名義変更について

一般的には親から財産を相続することが多いと思いますが、人によっては親以外の親族からの相続ということもあると思います。また、親族でない人からの相続がある人もいるでしょうし、遺産相続というのは非常に複雑で面倒なものという印象があります。

とはいうものの、負債がくっついてさえいなければ、財産の相続はありがたいものですから、粛々と必要な手続きを進めていかなくてはなりません。相続財産の中で最も金額が大きく、またその相続価値が高いものといえば土地だと思います。

住宅ももちろん価値が高く、額も大きくなりますが、住宅は土地の上に建つものだけに、土地のあるなしが住宅には大きな影響を与えます。相続するということは、わかりやすく言えば、かつての持ち主であった人から、譲られる人へと名義変更をするということになります。土地および建物を相続する場合、相続登記という方法によって持ち主の変更を行います。

house.jpg

このとき、いちばん厄介な問題が、相続する人が一人ではない状況にある場合ということになるかと思います。亡くなられた方が遺す土地は、遺された遺族が当分に分けてもらえる状態にあるとは、ほぼ考えにくいでしょう。

もともと土地というのは分割してわけられるものではない性質のものですし、それをどのようにうまく分配していくかが、相続登記の前に話し合わなくてはならない問題です。この話し合いを遺産分割協議といい、誰がどのように相続するかを決めた文書を作成しなくてはなりません。

これが遺産分割協議書というもので、これがないと土地の名義変更の手続きができなくなります。遺産分割協議書には、遺産相続の権利がある人全員が集まって協議をした、という文言を必ずどこかに入れなければなりません。

また、土地および家などの不動産について記載する場合には、登記事項証明書を書き写す必要もあります。この二つは必ず遺産分割協議書に書く必要がありますから、しっかりと押さえておかなくてはならないポイントです。

他にも相続登記にはさまざまな書類が必要で、それらをすべて抜かりなくそろえないと名義変更がスムーズにいかなくなりますから、くれぐれも注意が必要です。法的な仕組みは非常に複雑なので、専門家である司法書士に相談するか、あるいは法務局などでも相談に乗ってくれるのだそうです。手助けしてくれる人を探し、上手に頼りながら進めていかないと、やったことがない人が自力でやるには手ごわい作業になりそうです。
posted by souzoku at 20:43| 相続 | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

相続に関する土地の名義変更手続きについて

相続が発生したとき、故人が住宅を所有し一戸建てに住んでいた場合には、その住宅および住宅が建っている土地について相続登記による土地の名義変更手続きが必要になります。

土地や建物といった不動産は、各地域を管轄する法務局に不動産登記がしてありますので、相続が発生した場合は土地の名義変更の手続きをしなければなりません。けれども、費用がかかるからとこの手続きをせずにずっと故人の名義のままで放ってある人もいます。
それでも、市区町村役場から毎年郵送されてくる納税通知書で固定資産税という不動産にかかわる税金をきちんと納めていれば名義が誰であっても差し支えありませんし、その土地に対して売却等何か特別なことをせずに今までのままの状態で居住し続けるのであれば問題になる事はほとんど無いと思います。

ただし、名義変更をせずに長い年月が経ってしまうと、後になって名義変更をしようと思ったときになって苦労をすることがあるのです。相続による名義変更をしないうちに、相続人が死亡してしまうと、手続きに関与する相続人の数が増えてしまうからです。

この場合であっても、相続人全員が法定相続分通りの共有名義で名義変更をすることは可能です。たとえば、相続人が10名になってしまったとしても、その全員の共有名義で登記するのであれば、全員の同意を得ること無く手続きをすることも出来るのです。

しかし、それでは自分の持ち分だけを売却することはできませんから、結局はどうやっても処分することの出来ない不動産になってしまう恐れがあります。先延ばしにしていくうちに、共有者についてもさらに相続が開始してしまえば、協議をおこなう際の当事者も増えていくからです。

したがって、不動産の相続による名義変更は相続が開始してからできるかぎり速やかにおこなうべきなのです。不明な点があれば、専門家である司法書士に相談するのが良いでしょう。
posted by souzoku at 13:15| 相続 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。